男女

尿失禁には骨盤底筋を鍛えるなどの対策が必要となる

尿漏れのレベルチェック

カウンセリング

尿漏れにはレベルが存在します。軽度のものから、重度のものまで存在するのでネットを利用して自分がどのレベルなのかチェックしてみましょう。症状が重いのであれば、埼玉にある泌尿器科で治療を行うのがベストな判断です。

詳しく見る

不知の病

男女

梅毒は昔不知の病として恐れられていました。しかし近代医療が誇る技術力をもってすれば簡単に完治させることができる病気です。完治させるために大切なのは早期発見なので、気づいたらすぐに泌尿器科へいくようにしましょう。

詳しく見る

トレーニングをする

病院

尿失禁には様々なパターンがあります。咳やくしゃみの勢いで漏れてしまうこともあるでしょう。そんな厄介な尿失禁は泌尿器科などへ行き治療をしてもらうのが一番です。泌尿器科へ行き治療をする以外では、対策をとることが良いといえます。咳やくしゃみで漏れる腹圧性尿失禁の対処法で有効なのは筋力トレーニングが挙げられれます。この筋力トレーニングは、骨盤底筋と呼ばれる部分を鍛えるものです。骨盤底筋はトレーニングをすることによって鍛えることが可能です。この骨盤底筋を鍛えるのは腹圧性尿失禁に非常に有効な治療法として知られています。特定の期間しっかりと訓練することによって、半分以上の患者が症状の改善へと向かいます。骨盤底筋を鍛えることで効果が出たら、すぐに辞めてしまうのではなく引き続きトレーニングしておくことが大切となってくるので注意しましょう。

尿失禁の対策には薬物療法やコラーゲン注入療法などがあります。薬物を使った対策で使われる薬には、尿道や膣をしめる作用があります。この作用を利用して尿漏れを防ぐことができるのです。薬物を服用するだけなので手軽な対策方法として利用することができるでしょう。この薬物による対策を行う際はいくつか知っておいた方が良いことがあります。それは、副作用があることです。人によっては手の指が震えたり、動悸がしたりなどの副作用があります。この副作用は薬の量を徐々に増やすことによって慣れることができるので問題ないといえるでしょう。

ネットを活用する

医師と看護師

インターネットには様々な情報が掲載されています。その中で新宿にある泌尿器科の情報も多く存在しているのです。自分が泌尿器科で治療を必要としているのであれば、すぐに足を運ぶようにしましょう。

詳しく見る